メールでのお問い合わせはこちら
パンフレットのダウンロードはこちら
  • 地盤調査
  • 地盤改良・杭打・杭抜
  • 土壌調査・対策工事
ご挨拶・会社概要
採用情報
企業獲得ランク「aa」取得

土壌汚染調査・土壌浄化対策工事

土壌汚染調査・土壌浄化対策工事とは

土壌汚染の可能性がある土地とは、一概に断定することはできませんが以下のような用途で使用されている地歴がある土地の場合には注意が必要となります。

注意が必要な地歴

製造工場・クリーニング工場・メッキ工場・印刷業・鉱物業・病院及び研究施設・焼却施設・ガソリンスタンド・野焼きをしていた土地など

土壌汚染調査

  1. 地歴調査

    登記簿謄本、住宅地図、航空写真などの資料からその土地の健全性を判定する調査です。

  2. 概況調査

    地表面から深さ50cm程度の土壌及び土壌ガスを採取し分析をします。土壌汚染の有無、汚染の広がりを判定する調査です。

  3. 深度調査(ボーリング調査)

    概況調査で汚染が基準を超過した区画でボーリング調査により深度方向への汚染の広がりや地下水の状況を調べます。

対策(治療)

調査で土壌汚染が確認された範囲に、適切な対策を行います。

(例)

  • 汚染土壌を掘削、入れ替えする方法
  • 汚染土壌を封じ込める方法
  • 原位置で土壌に薬剤を添付して、無害化する方法
  • 汚染土壌が飛散しない様に、覆土、舗装する方法
  • その他
土壌浄化対策写真

土壌汚染・土壌改良など、土壌に関する事なら何でもお気軽にお問い合せ下さい

土壌汚染調査フロー

自主的な土壌汚染調査も、基本的に法律に基づいた流れで行います。

土壌汚染調査フロー